ヘアケア実践遍。


毎日行うケア方法


これは、とても大事なところです、自分に合った方法を、毎日習慣づけて行う。
合わない方法や、間違った方法ではまったく意味がありません。
基本はありますが、正解というものは無く、自分に合った方法をとるのが良いでしょう。
若ハゲの一番の原因はストレスや不規則な生活の中で血の巡りが悪くなり、
血の循環が不順になっているのが主です。
ようは正常な循環サイクルをさせ、血行促進を行なえば良いわけです。
何らかの形で体が自動で行なえなくなっていますので、任意で行なってやれば良いわけです。
体が正常に戻ればまた自動で行なってくれる様になります。

・一般的ケア方法
頭皮マッサージは一日中、癖のように行なう。

私は、風呂に入る前、風呂の中、育毛剤を付けるとき、つけた後に行います。

風呂の前の場合。

蒸タオルを用意します(※1)

蒸タオルを作っている間にオイル(オイル量は2・3滴程度)をつけ頭皮になじませる。
(オイル種類については下記で説明)

出来た蒸タオルを頭にかぶせます。

保温力を上げる為ビニールキャップをかぶり、10分位放置します。(※2)

キャップを取りでマッサージします。

その後、オイルを可能な限り洗い流す。

シャンプー(シャンプー種類については下記で説明)

リンス(リンス種類については下記で説明)

洗浄後はオイルなどで再度補給、育毛剤などで調整(※3)

髪を乾かしマッサージを行なう。(※4)


(※1)  蒸タオルの作り方は濡れたタオルを電子レンジでチンすれば出来ます。
     ポットの湯を少しかけても出来上がります。

(※2)  頭皮の油はラードなどと同じで白く固まってる為、蒸タオルなどで暖めて油を溶かします。
     オイルをつける事により、毛穴の隙間の油を洗浄します。
    つまり油で汚れた油を洗うのです。

(※3) 洗浄後は再度オイル補給をしたり、育毛剤など自分に合ったものをお勧めします。
    若ハゲであれば、発毛剤などは効力が強い為、嗜む程度がいいでしょう。

(※4) マッサージについては、いろいろな方法があります。
    逆立ち法などがあり、強制的に血を頭に上らせますが血圧が高い方はあまりお勧めできません。
    私は横になり、首を中心にマッサージを行い徐々に頭のてっぺんに血が向かうようにモミます。
    大体20分程度
    指や手のひらで軽くぽんぽんたたく方法もお勧めします。5分程度で頭皮が暑く感じるまで。


☆マッサージ法
マッサージですが、入浴前、入浴後など育毛剤等とセットに行うのではなく
一日中行うほうが良いです。常に頭を揉んでいる状態がベストで前面を中心に揉みましょう
私は、1週間ぐらい意識して行うと以後、癖になりました。


☆☆☆☆☆☆効果のあるオイル☆☆☆☆☆☆☆☆

若ハゲにおいて洗髪前オイルケアが一番大事だと思います。
オイルの役目は、毛穴に詰まった油を溶かし、
さらに殺菌、皮脂が柔らかく、コーティングなどいろいろな要素があります。
これを行うだけで、”抜け毛が減った”など多く聞きます。
オイルの種類ですが、食用、美容用などいろいろあり値段も様々です。
基本的に食用が安いですが、使い心地も様々で食用でも私は問題ありませんでしたが、
人によりかゆくなったりするそうですので、いろいろ試してみるといいでしょう。

・オリーブ、ホホバリンスなども効果的です。
洗髪後のリンスとして、オリーブ、ホホバを使うのも効果的です。
頭のコーティングを行ってくれて、頭からの余分な脂質が皮脂を抑え、バランスの良い状態を保ちます。
【使い方】
洗面器にお湯を入れてオイルを2.3適程度入れる

よくかき混ぜる

そのお湯で頭皮をマッサージする。

これで頭皮をまんべんなくコーティング。

洗い流さずそのまま出る。

ポイントは最初に入れるオイルの量、入れすぎるとべたべたして頭が余計気持ち悪いです。


●オリーブオイル●
代表的な髪に良いオイルです。まさに救世主です。
オリーブオイルの成分ですが、私たちの健康に好影響を与える成分「脂肪酸(オレイン酸、リノール酸
リノレン酸など)および有効微量成分(トコフェロール類/ビタミンE、ポリフェノール類など」
が豊富に入っています。コレステロール値を下げます。

・オレイン酸
オリーブ油はオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)を豊富に(含有脂肪酸の約70%)含みます。
オレイン酸は、血液の流動性を高め、血中コレステロール値を下げます。
「善玉コレステロール値」を増加させ、「悪玉コレステロール値」を下げます。
(動脈硬化等の血管症・心臓病の予防に効果。)

・リノール酸・ リノレン酸
多価不飽和脂肪酸(リノール酸・リノレン酸など)は、人体内で合成することができない為、
脂肪酸で「必須脂肪酸」と呼ばれています。
オリーブ油は、適度な量の必須脂肪酸を含み理想的な食用油と言えます。
この脂肪酸は、「悪玉コレステロール値」とともに「善玉コレステロール値」も下げるので、
一定量を超えて摂取することに問題があるとされています

まさに食べて良し、塗って良しの健康食品です。

マッサージ法は
洗髪前に、蒸タオルと一緒に使います。私のケア法と同じです。ポイントはオリーブの量です。
一般が5滴ぐらいですが、短髪の方は2・3滴程度で十分です。つけすぎるとベトベトして
余計髪に悪そうな感じがします。流すのも大変ですし・・・

種類もいろいろ
食用、美容用いろいろですが、
食用の場合はエキストラバージン・オリーブオイルをお勧めします。

・エキストラバージン・オリーブオイル
新鮮なオリーブ果実から物理的な方法のみ(化学処理をしない)で採取したバージン ・オリーブオ
イルで、本当に自然なオイルです。


●ホホバオイル●
ホホバは砂漠に自生しているツゲ科の常緑性灌木です。
養分の乏しい砂漠地帯に繁茂する「ホホバ」の実は栄養を温存するための高い養分があり、
皮脂に一番近い成分が含まれています。
頭皮の浸透力も強く皮膚の奥深く真皮層まで達し、内側から天然ビタミン成分ADE、
アミノ酸が潤いや栄養を与え、余分な皮脂の分泌を抑える作用があります。
また、皮脂成分と性質が極めて近いため、毛穴に詰まった古くなった油汚れを溶かしだして洗練する
働きにより頭皮を自然な状態に保ちます。
またシャンプーやリンスと混ぜて使用していただくとトリートメント効果があり、
毛穴を広げ柔らかくする働きがあるそうです。

★ホホバ三大ヨウ素★

・5?リタクターゼ(皮脂腺内の還元酵素)に相反する酵素を含み、過酸化脂質、フケの防止に最適。
 ビタミンA.D.Eによる保湿効果あり。

・ヨード価が高い為、殺菌力が強い。ヨードは毛髪の成長に必要・紫外線からの保護効果がある

・もっとも皮脂に近い為、安全性が高い。アトピー等皮膚の弱い方も安心して使える。


マッサージ法
オリーブオイルは5滴程に対して、ホホバは2.3滴程度が適量です。
その他は、オリーブオイルと使用法は同じです。
私は、最初はオリーブで行っていたのですが、途中からホホバを取り入れました。
洗髪前にオリーブで汚れを浮かし、シャンプーし洗髪後、ホホバで仕上げています。

購入については薬局等で購入可能。大体2000円前後です。
無印良品でも取り扱っているらしいのですが私は、見たことがありません。
無印良品はもっと安いらしいです。。。
このごろはオークションでも売られてます(育毛用は高いのですが、美容用はそこまで高くないです)

ホホバオイルの購入はこちらでどうぞ

●その他、頭に良いオイル等●

基本的には上記2つで大体補えますが、アレルギーや体質的に合わない方は下記をお勧めします。

・ベビーオイル 
価格が最安値でリーズナブル。赤ちゃん用だけあって肌にもやさしいと思います。
私も最初はここから入りました。頭皮効果を考えず、ただ油を落とすだけを考えたらこれだけでも十分です。
・ごま油
一度使いましたが、ベトベト間はNO.1です。効果がある人はあるらしく、栄養も豊富ですので
オリーブ、ホホバに匹敵する力があるかもしれません。
・椿油
ごま油と一緒で栄養豊富との事です。
椿油は直接塗るよりは、市販のオイルを買ったら成分に入ってた。などの方が多いと思います。
・馬油
馬油は唯一の動物油で私もまだ使って事はありませんが、よく効くそうです。
頭皮にも髪にも良いらしく女性に人気の様です。
また角質保護にも優れた効果を発揮します。


☆☆☆☆☆☆シャンプー仕方☆☆☆☆☆☆☆☆

シャンプーについては難しく、種類も本当に様々です。
それに、人によってまちまちですので効く人、効かない人、合わない人など
一概に指定は出来ません。が、人によっては薬が強いメリットでも合う人は合います。
しかもシャンプーの効果はすぐ出ません。早くても3ヶ月から6ヶ月位かかります。
結局、ある程度使ってみて、かゆいなどの刺激が無いシャンプーを選べば問題ないように思いますが、
シャンプーもいろいろ成分が違いますので自分の状態を見て購入しましょう。

シャンプーの目安としては1500円位〜が目安で、1500円以下は石油系シャンプーを素材にしているのが多い様です。
あくまでも目安ですが、1500円以上はアミノ酸系弱酸性や天然成分(無添加)の髪への刺激が少ない様に作られています。
種類は、乾燥肌用、脂漏肌用などがありますので、自分の状態により使い分けが必要です。
一般に男性用が脂漏肌用で、女性用が乾燥肌用が多いです。
代表的なのが、レラ・PURE95・ミノンは人気が高く(値段もいい値がする)相性問題も出にくいと評判です。
アミノ酸系弱酸性は頭皮には優しいのですが、使い過ぎると逆に皮脂を溜める原因になるようで、
3日おきに、石鹸シャンプーや脱シャンなどをして調整する方法もあります。


●取っても減らない皮脂
体の仕組みは「取れば減る」というような単純なものではなく、取れば補充する機能が働きます。
減るのが激しくなれば分泌の量を増やす機能が働きます。
皮脂も同じで取れば補充されるし、いつも取り過ぎていると皮脂腺が肥大化し、
その結果大量に皮脂を分泌するようになります。
皮脂の取り過ぎは「抜け毛が少なくなり、頭皮は綺麗になる」ですが、頭皮と毛は弱っていきます。
(これはシャンプーやリンス・トリートメント・整髪料等に含まれる界面活性剤の影響です。
 界面活性剤には毒性や催奇性があり、ほとんどの商品に含まれていますが、自然派とか
 指定成分カット等で隠していることが多いので注意しましょう)

・私の洗い方

シャンプーを付ける前は髪を濡らしますが、よーくシャワーで洗う様に濡らして下さい。
濡らしたつもりでも表面しか濡れてない事が多く、特に頭皮の油で水は弾きやすいです。
実はシャンプー前のシャワーで頭皮の汚れは約80%落ちます。
これにより、余分なシャンプーによって頭皮を痛めるのを防ぐ、泡立ちもよくなり、細かい汚れも泡と共に
洗い流してくれる等の利点があります。
よく髪を濡らした後はシャンプーを手に取り、良く泡立てます。
泡立でた泡を髪につける時は、必ず後頭部につけ全体的に広げていく感じにします。
後頭部からつける理由として、シャンプーの刺激をワンクッション置く為です。後頭部はハゲにくい所ですから。
その後全体になじませたら、毛の根元や地肌まで指を入れて頭皮を洗う感じで行ういましょう。
同時にマッサージすると良いです。
洗髪すると髪が抜け、さっさと終わらせたい所ですが、毛根をいたわる気持ちでやさしく行うのでは無く、
逆に毛根を鍛える気持ちで行いましょう。爪は絶対に立てないように。。(爪は頭皮を傷つけます。)
鍛える事で抜けにくい頭皮になっていきます。時間は2分ほどが良いと思います。
その後のすすぎですが、すすぎも大事です。おろそかにするとシャンプーの残りカスが汚
れの原因にもなります。すすぎ時間は、洗い時間の2倍ほどが理想です。

お勧めシャンプー等

●レラ
アミノ酸系弱酸性の代名詞です。脂性用(01)、乾燥用(81)に分かれていて髪へのいたわりを感じます
使った感じはさっぱりしていてよい感じですが、値段が5000円位と高いので金銭的に使用を断念
しました。
レラのご購入はこちらから

●ミノン
敏感肌用に作られた、無添加シャンプーです。料金は2000円位。アトピーの方や敏感肌にも使えます。
ミノン シャンプーのご購入はこちらか

●PURE95
無添加・無香料・無着色で、エデト酸塩、安息香酸塩を一切使っておらず、無添加にこだわった
シャンプーです。成分が18種類の薬草が主成分でそのまま顔も洗える無添加ブリがすごいです。
使用感はなぜかふんわり間で使った後、髪がボリュームアップします。料金は3000円位です
PURE95のご購入はこちらから

●オレンジシャンプー
割と人気がある。シャンプーの匂いもよい。成分も天然アミノ酸とオレンジ&ホホバオイルをベース
に育毛に実績のあるチョウジ、センブリ、アロエ、アルニカ等11種類の天然植物抽出エキスが
入っている為、育毛効果と洗浄効果をもった万能シャンプーです。値段は5000円位とやや高め。
オレンジシャンプーのご購入はこちらから

●米ぬかシャンプー
私が1年かけて見つけた自分に合うシャンプーです。(トリートメントも米ぬか使用)
通常1800円位と安いのですが、油を抑えてくれ、私は調子が良いです。
米ぬかシャンプーのご購入はこちらから

●石鹸シャンプー
一時流行った無添加シャンプーですが、洗浄力が強く、頭皮のバランスを崩す原因にもなります。
使用後はゴワツキがひどく、それを整える為のリンスが頭皮に良くないとの説もあります。
しかし洗浄力が魅力で、2週間に一回程度の使用がお勧めです。
石鹸シャンプーのご購入はこちらから

●脱シャンプー
人によっては最も有効なシャンプー法です。方法はシャンプーを週2ぐらいに抑え、
お湯のみで洗うのです。シャンプーで洗浄しない分余計な皮脂が出なくなり、自然な状態に保つ方法です。

●塩シャンプー
脱シャンプーを行うのであれば、半分位は一緒に取り入れたい塩シャンプー。
作り方は簡単お湯に塩を混ぜて出来上がり!!
塩の結晶が残っていると、頭皮を傷つける原因になるので良く溶かしてください。
濃度は、少量でいいでしょう。塩は洗浄力もありますが、脱水作用もあるので大量使用は頭皮の
水分を吸収してしまいます。
また塩はアルカリ性の為、多少の使用でしたら殺菌効果がありますが、大量に使用すると頭皮自体を破壊
する原因になります。
効果は髪を引き締めコシを出す、ふけ、かゆみ防止、毛根自己機能を活発にしてくれます。


●コンビニ等で売っている市販シャンプー(石油系シャンプー)
300〜500円程度で売られているシャンプーですが、基本的には使用しない方が良いです。
その中でもまだましなシャンプーは下記のなどがあります。

・ダブ        
アトピーの人に評判が良い

・牛乳石鹸      
植物性のシャンプー

・炭シャンプー    
炭の殺菌成分が売りだが、市販物はたいした成分は無い。入ってないよりは
マシだが・・・

・サクセス
育毛用に作られていて値段も安い。市販物では一番良いかもしれません。

☆☆☆☆☆☆リンス☆☆☆☆☆☆☆☆

リンスですが、シャンプーによる酸性化した頭皮を中和する能力があります。
髪用トリートメントでは無く頭皮用が良いと思います。
基本的にシャンプーと同じ種類のトリートメントが有効です。
シャンプーを中和させる為、種類違いだと逆効果になりかねません。
(私も今は米ぬかトリートメントを使っています。)
リンス後はよく頭をすすぎ、最後に冷たい水で清める事が大事です。
一気に頭を冷却すると血が頭にのぼり血行が良くなります。

●髪に良い手作りリンス


・緑茶リンス
もともとお茶には殺菌成分があり、頭皮の菌を殺菌してくれます。皮脂分泌成分も抑える効果もあります。
使用方法は、シャンプー後すすぎ、最後に良く冷えた緑茶を頭にかけます。
(洗い流す必要はありません)
その後はいつも通り、オイルや育毛剤などでマッサージする。
緑茶は粉上の物をお湯で溶かして使うタイプか、麦茶パックのようなものが経済的です。

・烏龍茶リンス
方法は緑茶と同じです。烏龍茶はもともと脂肪分解効果があるので、余分な皮脂を分解し自然な状態を保ち
ます。

他 、麦茶でも有効です。
脂肪分解効果はありませんが、殺菌効果があります。

・塩リンス
塩シャンプーのリンス版で使用方法は同じ、酸性のシャンプーと塩のアルカリ性で中和作用があります。
量は少量で構いませんので、入れすぎ注意。

・オリーブ、ホホバリンス
洗髪後のリンスとして、オリーブ、ホホバを使うのも効果的です。頭のコーティングを行ってくれ、
頭から余分な脂質が補充されずに済むので、安定した状態を保ちます。
使用方法ですが、洗面器にお湯を入れてオイルを2.3適程度入れた後、それを刷り込むようにマッサージ。
その後お湯ですすぐ。



●まとめ
上記で一般的なケア法を書きましたが、私の現在のケア法です。


頭皮マッサージは一日中、癖のように行なう。

まずお風呂に入る前に行ないます。

蒸タオルを用意します

蒸タオルを作っている間にオリーブオイル100円玉程度をつけ頭皮になじませる

出来た蒸タオルを頭にかぶせます。

保温力を上げる為ビニールキャップで蓋して10分ぐらい放置します。

キャップを取りマッサージします。(10分程度)

その後、オイルを可能な限り洗い流す。

米ぬかシャンプーで2分ほど洗い、よくすすぎます。

米ぬかリンスで調整。

洗浄後はホホバオイルを3滴程度付け10分ほどマッサージ

髪を乾かして終了(癖のようにマッサージをする)

加えて、今話題のケアナケアや、ケアナチュラルも使用すると
より清潔に頭皮が保たれている感がします。
ケアナケアは、専門店使われている洗浄器具の廉価版で、効果は同様となっています。

ケアナケアはこちらから


ケアナチュラルはこちらから




以上いろいろ書きましたが、自己暗示も必要です。鏡を見てまた抜けたでは無く、濃くなってきていると思う事
も大事です。ストレスを溜めないよう適度に発散していきましょう。
きっと髪は生えてきます。頭皮マッサージは一日中、癖のように行ないましょう。





TOPに戻る



inserted by FC2 system